4年目の岩下投手がプロ初先発で初白星。千葉ロッテが1点差ゲームを制す

2018-10-05 21:09 「パ・リーグ インサイト」編集部

10月5日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天と千葉ロッテの一戦は、6投手のリレーでリードを守り抜いた千葉ロッテが、2対1で勝利。先発した岩下投手は、6回無失点でプロ初勝利を飾った。

序盤3イニングスは投手戦が展開された。東北楽天の先発・古川投手は、直球とフォークを織り交ぜながら千葉ロッテ打線を1安打に抑え、プロ初先発となった千葉ロッテ・岩下投手も、140キロ後半の力強い直球を軸に、東北楽天打線を2安打無失点に抑え込む。

中盤も両先発による白熱の投手戦が展開されたが、先制に成功したのは千葉ロッテ。まずは4回表、角中選手の内野ゴロの間に1点を先取すると、6回表にはバッテリーエラーで追加点を挙げ、リードを2点に広げた。

岩下投手が6回無失点でマウンドを降りると、その後を受けた唐川投手を相手に無失点に抑え込まれる東北楽天打線。このままでは終われない8回裏、2死から島内選手の適時二塁打で1点を返すも、5番手・東條投手の前に内田選手が三振に倒れて、それ以上の追い上げはならず。

1点リードの9回裏、千葉ロッテは守護神・内投手をマウンドに送る。安打と盗塁で得点圏に走者を背負ったものの、右翼手・平沢選手のファインプレーにも助けられて東北楽天打線の反撃を封じ込め、逃げ切り勝ち。1点を争う勝負となった試合は、2対1で千葉ロッテが勝利を飾った。

勝利した千葉ロッテは、プロ初先発の岩下投手が6回、被安打4、奪三振5、無失点の好投で、4年目にしてうれしいプロ初勝利。粘り強く投げ抜き、先輩中継ぎ陣のリレーにも助けられた。敗れた東北楽天は、7回2失点の好投を見せた古川投手を、打線が援護できなかった。