CS展望 短期決戦に強いチーム、弱いチームをチーム別勝敗から紐解くと…

2018-10-11 15:56 「Full-Count」広尾晃
広島・緒方孝市監督と埼玉西武・辻発彦監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

広島・緒方孝市監督と埼玉西武・辻発彦監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

北海道日本ハムはリーグ優勝時以外良績なし、ホークスもファイナル10回中6回敗退

 10月13日からクライマックスシリーズ(CS)が始まる。セ・リーグも巨人が横浜DeNAとの3位争いを制して滑り込み、両リーグの出場チームの顔ぶれが固まった。

 CSの始まりは2004年からパ・リーグが実施していたプレーオフだ。今のCSと同様、3位以上のチームが日本シリーズへの出場権をかけて戦うシリーズだったが、1年目の2004年には2位の埼玉西武が1位の福岡ダイエーを破って日本シリーズに出場し、話題となった。ポストシーズンに新たな盛り上がりを作ることができるということで、セ・リーグも導入することとなり2007年からクライマックスシリーズという形でスタートした。

 プレーオフ時代から数えて14年。現在までのCSのチーム別勝敗を見ると、いろいろなことが見えてくる。

◯パ・リーグ
 CS1はファーストステージ、CS2はファイナルステージ アドバンテージの1勝は含まない。福岡ソフトバンクは福岡ダイエー時代も含む。

北海道日本ハム 25勝18敗0分 勝率.581
CS1 6勝7敗0分 CS2 19勝11敗0分

東北楽天 10勝8敗0分 勝率.556
CS1 4勝1敗0分 CS2 6勝7敗0分

千葉ロッテ 20勝18敗0分 勝率.526
CS1 10勝5敗0分 CS2 10勝13敗0分

福岡ソフトバンク 27勝29敗0分 勝率.482
CS1 7勝6敗0分 CS2 20勝23敗0分

埼玉西武 14勝20敗0分 勝率.412
CS1 8勝13敗0分 CS2 6勝7敗0分

オリックス 1勝4敗0分 勝率.200
CS1 1勝4敗0分 CS2 出場なし

 パでは北海道日本ハムがCSで勝率が高い。ただし、優勝してファイナルステージで下位チームを迎えた時にはめっぽう強いが、ファーストステージは6勝7敗とそれほどでもない。

 福岡ソフトバンクはファイナルステージで10度戦って6度敗退している。リーグ優勝の埼玉西武はCSが苦手なチームの1つだ。ファースト、ファイナルいずれも負け越している。

 今年は下剋上で有名になった千葉ロッテや東北楽天など、意外性のあるチームが出場しない。出場3チームとも、それほど短期決戦が得意なチームとは言いがたいが、最近4年中3回、日本シリーズに駒を進めている福岡ソフトバンクが過去のデータ上はやや有利に見える。ポストシーズンに良績のないリーグ優勝の埼玉西武は、強力打線がCSでも力を発揮できるかどうか。

広島はCSで大きく負け越し、東京ヤクルト&巨人も数字上はパンチ不足

◯セ・リーグ

中日 22勝14敗1分 勝率.611
CS1 8勝3敗0分 CS2 14勝11敗1分

横浜DeNA 9勝6敗0分 勝率.600
CS1 4勝2敗0分 CS2 5勝4敗0分

東京ヤクルト 9勝9敗0分 勝率.500
CS1 4勝5敗0分 CS2 5勝4敗0分

巨人 19勝23敗1分 勝率.452
CS1 6勝5敗0分 CS2 13勝18敗1分

広島 6勝9敗1分 勝率.400
CS1 2勝1敗1分 CS2 4勝8敗0分

阪神 8勝12敗1分 勝率.400
CS1 4勝12敗1分 CS2 4勝0敗0分

 東京ヤクルトはファーストステージではレギュラーシーズン2位で出場して勝ち上がり、3位では敗退している。

 巨人はファーストステージは4回出場して2回勝ち上がり。勝ち上がりは2位、3位でそれぞれ1回ずつ。ファイナルステージは負け越している。今季は最終戦でCS出場を決めたが、退任する高橋由伸監督のためにも頑張りたいところだ。

 CSができた当初は中日が強かった。特にファーストステージは4回出場してすべて勝ち上がっていた。しかし今回は出場せず。横浜DeNAは、CS出場こそ2回だが、ファーストステージは2回とも勝ち上がり、昨年はファイナルステージでも優勝の広島を下した。短期決戦に強いのだ。今季出場すれば面白い存在になったはずだ。

 広島はファイナルステージで4勝8敗と大きく負け越し。今年も予断を許さない。

 データを紐解くと、今年はリーグ優勝した埼玉西武、広島とも短期決戦はあまり得意としていないチームだ。ただ、両リーグとも、短期決戦に強い意外性のあるチームが出場を逃している。下剋上があるのか、それともすんなりレギュラーシーズン優勝の2チームが日本シリーズへ進出するか。

 今年のクライマックスシリーズの日程は以下の通り。民放、BS、CS各局で放送予定。今シーズンからプロ野球11球団の公式戦主催試合(一部を除く)を配信しているスポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」でも全試合配信される。

◯セ・リーグ
▽ファーストステージ 東京ヤクルト-巨人(神宮球場)
第1戦 13日(土) 18時
第2戦 14日(日) 18時
第3戦 15日(月) 18時
16日(火) 18時(予備日)

▽ファイナルステージ 広島-1stステージ勝者(マツダスタジアム)
第1戦 17日(水)18時
第2戦 18日(木)18時
第3戦 19日(金)18時
第4戦 20日(土)13時30分
第5戦 21日(日)13時30分
第6戦 22日(月)18時
23日(火)18時(予備日)
24日(水)18時(予備日)

◯パ・リーグ
▽ファーストステージ 福岡ソフトバンク-北海道日本ハム(ヤフオクドーム)
第1戦 13日(土)13時
第2戦 14日(日)13時
第3戦 15日(月)18時
16日(火)18時(予備日)

▽ファイナルステージ 埼玉西武-1stステージ勝者(メットライフドーム)
第1戦 17日(水)18時
第2戦 18日(木)18時
第3戦 19日(金)18時
第4戦 20日(土)14時
第5戦 21日(日)13時
第6戦 22日(月)18時
23日(火)18時(予備日)
24日(水)18時(予備日)

(広尾晃 / Koh Hiroo)