埼玉西武・山川選手が2試合連発、福岡ソフトバンク・内川選手も一発を放ち大舞台へ順調な調整

2018-10-11 17:01 「パ・リーグ インサイト」編集部

【みやざきPL】絶好調!! ライオンズ・山川 2試合連続アーチはネット直撃の特大弾!! 2018/10/11 H-L

10月11日、宮崎・南郷スタジアムで「第15回みやざきフェニックス・リーグ」、福岡ソフトバンク対埼玉西武戦が行われた。「パーソル CS パ」ファイナルステージまで1週間を切った埼玉西武は、栗山選手と中村選手が公式戦終了後、初めて実戦に出場するなど、ほぼフルメンバーで試合に臨んだ。

栗山選手は5番、中村選手は7番でスタメン出場。ともに第1打席は凡退したものの、4回、栗山選手は右中間へ2ランを放つ。その後代打・炭谷選手が安打で続くと、7番・中村選手も適時二塁打。10年前の栄光を知るベテラン2選手が、好機できっちり打点を挙げた。

4番・山川選手は、1回に2試合連発弾を含むマルチ安打と好調をキープ。さらに追加点が欲しい試合終盤には、四球で出塁した外崎選手が二盗を成功させ、続く山田選手が適時打を放つなど、得意の「足」を絡めた攻撃も展開。大舞台を控え、打線の状態は上々と言えそうだ。

一方の投手陣。先発した多和田投手は3回を投げ、被安打3の1失点。味方の失策で1点を失うが、最少失点で切り抜けた。2番手で登板した榎田投手は、福岡ソフトバンクの4番・内川選手にソロを浴びたものの、3イニングス4奪三振1失点。3番手・小川投手は1イニング無失点、4番手・十亀投手は2イニングス無失点に抑え、試合は6対2で埼玉西武が勝利した。