センター方向を見つめながら「……」。試合中断の理由は?

2018-10-15 19:10 「パ・リーグ インサイト」編集部

10月15日、ヤフオクドームで行われている福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの「パーソル CS パ」ファーストステージ最終戦。2回裏、敷田球審が試合を一時中断した。

2回裏2死、福岡ソフトバンク・甲斐選手の打席。北海道日本ハム・杉浦投手が1球目を投じた直後、敷田球審がセンター方向を見つめ、突如試合を一時中断。甲斐選手や北海道日本ハムの捕手・鶴岡選手と何事か言葉を交わし、球場には不思議な間ができる。実はバックスクリーン左の開放されていない部分に風船が落ち、人が入り込んでいた。スタッフがすぐさま対応し、試合は再開された。