【ドラフト】福岡ソフトバンク、王貞治会長の後輩の早実・野村を3位で指名

2018-10-25 18:26 「Full-Count」編集部
福岡ソフトバンク・王会長※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

福岡ソフトバンク・王会長※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

右の大砲候補で、松田、内川の後継者として期待

 2018年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は25日、都内のホテルで行われ、福岡ソフトバンクはドラフト3位で早実の野村大樹内野手を指名した。チームの積年の課題となっている内川、松田の後継者となる右の大砲候補として期待される。

 ドラフト1位で公表していた小園海斗内野手に入札した福岡ソフトバンクだったが、工藤公康監督が抽選を外した。“外れ1位”で入札した辰己涼介外野手も抽選で外し、“外れ外れ1位”で甲斐野央投手を指名した。2巡目では杉山一樹投手を指名。上位で即戦力投手2人を指名し、3巡目で将来性重視、王貞治球団会長の後輩となる野村を指名した。

(Full-Count編集部)