鷹・柳田、地元広島での日本Sに「チケット購入」「スクワット応援イメージ」

2018-10-26 18:44 「Full-Count」福谷佑介
福岡ソフトバンク・柳田悠岐※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

福岡ソフトバンク・柳田悠岐※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

「キャンプからやってきた集大成として、チーム一丸で」

「SMBC日本シリーズ2018」は27日、広島の本拠地マツダスタジアムで開幕する。パ・リーグ2位からクライマックスシリーズを勝ち上がってきた福岡ソフトバンクは26日、敵地で練習を行い、野手陣はフリー打撃で快音を響かせた。クライマックスシリーズでMVPに輝いた主砲の柳田悠岐外野手は「4つ勝つという気持ち。ここまで来たので、キャンプからやってきた集大成としてチーム一丸となって戦いたい」と意気込んだ。

 広島出身の柳田にとっては、幼少期にファンだったカープと地元で戦う特別な日本シリーズ。「地元でできるので、いつもと違う感じはしますけど、グラウンドに立ったら一緒かな、と」と語ると、家族や友人のために「しっかりチケット購入しました」と言い、周囲を笑わせた。

「状態は悪くはないと思います。今できる自分の状態としてはまあまあ。力を抜いて、カチ上げたい」と語る柳田は、ゲームへのイメージを問われ「スクワット応援のイメージ、出来ています」と“カープファン”としての一面も。とはいえ、福岡ソフトバンクの絶対的な主砲。マツダスタジアムを真っ赤に染めるカープファンにとって手強い打者となりそうだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)