広島は福岡ソフトバンクの「お得意様」? シーズン82勝同士の日本シリーズ展望

2018-10-26 20:59 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

 リーグ覇者の埼玉西武を下し、シーズン2位からの「下克上」で日本シリーズ出場権を勝ち取った福岡ソフトバンク。パ代表として戦う大舞台を前に「パーソル CS パ」ファイナルステージでの戦いぶりと、交流戦での対戦成績を振り返り、決戦の展望を行っていく。

 北海道日本ハムとのファーストステージを制し、メットライフドームへ乗り込んだ福岡ソフトバンク。ファイナルステージではシーズン1位の埼玉西武が1勝のアドバンテージを持つうえに、第1戦に先発するのは先発4番手以降。シーズン2位だった分不利な状況からのスタートとなるが、選手たちはそのハンデをものともしない戦いぶりを見せた。

 迎えた初戦、福岡ソフトバンクは埼玉西武のエース・菊池投手を攻略し、重要な初戦を16安打10得点と大勝で飾る。第2戦ではリーグ王者の強力打線が本領を発揮。11被安打13失点とめった打ちに遭い、アドバンテージを含めて1勝2敗とリードを奪われる。

 敗れれば一気に埼玉西武へと流れが傾きかねない第3戦、チームを救ったのは初戦で猛攻を見せた打線だった。計16安打15得点で勝敗を2勝2敗のイーブンに戻すと、第4戦でも勢い止まらず、連勝で3勝2敗。日本シリーズ進出に王手をかけ、迎えた第5戦は1点差まで追い上げられながら、一度もリードを許さず。敵地で見事な戦いぶりを見せ、シーズン2位からの逆転で日本シリーズ進出を決めた。

相手のお株を奪ったファイナル。大舞台に慣れた若鷹軍団の好調ぶりも光る

 5試合で計28得点という数字が示す通り、埼玉西武の打撃陣はポストシーズンでもその猛打を発揮していた。しかし、福岡ソフトバンクが同じ5試合で挙げた得点数は、それを大きく上回る44得点。強力打線を武器にリーグを制した王者に「打ち勝った」ことは、日本シリーズに向けても明るい材料のひとつとなるだろう。

 中でもMVPに輝いた柳田選手の活躍ぶりは特筆もので、5試合で打率.450、2本塁打、8打点。自らの出身地であり、幼少期からのファンと公言している広島との"因縁の対決"で、チームの大黒柱がどんな活躍を見せてくれるか、注目が集まるところだ。

 また、グラシアル選手も打率.500と絶好調を維持しており、ファイナルステージ第5戦では意表を突くセーフティバントでチャンスを拡大した。第3戦でサイクルヒット未遂の大活躍を見せた上林選手、この大一番に合わせて復帰して打率.455と、さすがの勝負強さを見せた内川選手といった主力の好調ぶりも頼もしい。ただ懸念されるのは、シーズンで4年連続の全試合出場を果たし、リーグ3位タイの32本塁打を放った松田宣選手の不調だ。ファースト、ファイナルステージの双方で、打率.167とスランプが続いている。

 投手陣の中では千賀投手が、ファーストステージで6回2失点(自責点1)、ファイナルステージで5回1失点と安定感を発揮している。リリーフ陣では、武田投手と石川投手がファイナルステージでの2度の登板で防御率0.00とほぼ完璧なピッチングを見せた。早めの継投がカギとなる短期決戦において、ロングリリーフをこなせる両投手が好調をキープしていることは重要な意味を持つだろう。

 第5戦に先発して強力打線を相手に堂々としたピッチングを見せた高橋礼投手が、さらなる大舞台でどのような投球を見せてくれるかということも、シリーズ全体の流れを左右するポイントかもしれない。

vs広島の対戦成績は 23勝10敗3分。交流戦では「お得意様」だが……

 ともに過去に黄金期と呼ばれる時代を迎えた経験を持つ福岡ソフトバンクと広島だが、両雄が日本シリーズで相まみえるのは今回が初めて。交流戦における福岡ソフトバンクと広島の対戦成績を改めて確認しておきたい。福岡ソフトバンクから見た、直近10年間の対広島の年度別成績は以下の通り。

2009年3勝1敗
2010年2勝2敗
2011年3勝0敗1分
2012年3勝0敗1分
2013年2勝2敗
2014年4勝0敗
2015年1勝2敗
2016年1勝1敗1分
2017年2勝1敗
2018 年2勝1敗
合計 23勝10敗3分

 以上のように、過去10年間の対戦成績では福岡ソフトバンクが大きくリードする形に。広島が久々のAクラス入りを果たし、強豪へと成長する足掛かりを作った2013年以降の6年間に限定しても、12勝7敗1分と5つの貯金を作っている。

 もちろん交流戦と日本シリーズでは、全く別の戦いになると考えることもできるだろう。しかしながら、対戦相手に対して「お得意様」という心理的に優位な考えを持てることは、福岡ソフトバンクにとって有利に働くはずだ。

 圧倒的な選手層を生かして近年のパ・リーグを席巻してきた福岡ソフトバンクと、球団史上初のセ3連覇を達成して黄金期を謳歌している広島。両リーグを代表する強豪同士が激突する大一番で、福岡ソフトバンクは常勝軍団らしい戦いを見せられるだろうか。