日本S第1戦引き分けを米でも報道 「WSが歴史的長さで終わった直後、日本では…」

2018-10-28 09:54 「Full-Count」編集部
ワールドシリーズ第3戦では日付をまたぐ熱戦が繰り広げられた※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

ワールドシリーズ第3戦では日付をまたぐ熱戦が繰り広げられた※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

WS第3戦は延長18回、7時間20分の末、ドジャース勝利

 27日に行われた日本シリーズ第1戦は延長12回、2-2の引き分けで終わった。史上3度目の稀なケースが発生したことを、米スポーツ専門局「ESPN」公式サイトでも報じている。

 日本シリーズ第1戦が始まる直前、海を越えた米国では史上最長の死闘に決着がついた。ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われたワールドシリーズ第3戦はもつれにもつれ、延長18回、7時間20分というイニング数でも試合時間でも、史上最長記録を更新。それでもマンシーの劇的サヨナラアーチで勝敗を決した。

 記事では、日本では延長12回を戦って引き分けの場合は、そこで試合終了となることを説明。日本シリーズ第7戦を終えて、3勝3敗1分けとなった時は、第8戦が開催され、延長回の制限は設けられない。

 また、広島と福岡ソフトバンクの試合は「4時間38分」だったことも伝えている。

 期せずして、同じ日に日米での頂上決戦が延長戦となったが、果たして28日もまた同じような展開となるのか。興味深いところだ。

(Full-Count編集部)