終わってみれば4連勝で圧倒 福岡ソフトバンクが2年連続9度目の日本一

2018-11-03 21:57 「パ・リーグ インサイト」編集部

 11月3日、マツダスタジアムで行われた福岡ソフトバンクと広島の「SMBC日本シリーズ2018」第6戦は、福岡ソフトバンクが2対0で完封勝利。今シリーズの対戦成績を4勝1敗1分とし、レギュラーシーズン2位から2年連続日本一に輝いた。

 広島先発・ジョンソン投手、福岡ソフトバンク先発・バンデンハーク投手の両先発で始まった第6戦。序盤は互いに得点圏に走者を進めながらも後一本が出ず、静かな展開となる。

 試合が動いたのは、4回表。福岡ソフトバンクが6番・内川選手の犠打で1死2,3塁と好機を作ると、ここで7番・西田選手が絶妙なスクイズを決め、手堅く先制に成功。さらに、5回表には2死から3番・グラシアル選手が、ジョンソン投手の低めのスライダーを上手くすくい上げた。「崩されたけど打った瞬間いったと思った」と言う会心のソロで追加点を挙げ、2対0と福岡ソフトバンクがリードする。

 援護をもらった先発のバンデンハーク投手は「今日はとにかく攻撃的な投球をしようと思っていた」と振り返る通り、ストライク先行の投球を披露。6回、10奪三振、無失点と第2戦の雪辱を果たす好投で広島打線に反撃の隙を与えず。7回以降は、武田投手、嘉弥真投手という鷹自慢の救援陣が無失点リレーを展開し、最後は森投手が3者凡退で締めて試合終了。「SMBC日本シリーズ2018」第6戦は、2対0で福岡ソフトバンクが勝利した。

 これで、福岡ソフトバンクは今シリーズの対戦成績を4勝1敗1分とし、2年連続日本一に。第2戦までを1敗1分で終えたものの、第3戦以降は打線が調子を取り戻して4連勝。レギュラーシーズン2位ながら、昨年王者の強さを見せ付けた。