2019年シーズンの全日程が発表。地方開催の楽しみ方の一つ、地元凱旋となる選手は

2018-11-07 21:00 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

 11月7日に2019年のセ・パ公式戦の日程が発表され、同時に地方球場での開催予定も確定した。12球団の本拠地以外の県出身である選手にとって、地方での試合は故郷のファンに自らのプレーを披露する貴重な機会にもなっている。

 そこで、今回は2019年のパ・リーグ公式戦で久々に故郷への凱旋を果たす予定となっている選手たちを紹介し、その背景や地元での試合にかかる期待について記していきたい。

 来季、故郷への凱旋を果たす主な選手は以下の通り。

【北海道日本ハム】
鶴岡慎也選手(鹿児島県出身、5月19日vs福岡ソフトバンク:鹿児島)

 鶴岡選手は福岡ソフトバンクに所属していた2015年4月11日の試合で、当時の古巣であり現所属チームでもある北海道日本ハムを相手に鹿児島で公式戦を戦っている。それから3年が経過し、再び立場を変えて臨む古巣との一戦。ファイターズの一員として改めて地元凱旋を果たす鶴岡選手は、攻守により円熟味を増したプレーを、故郷のファンへと披露してくれるだろうか。

【埼玉西武】
多和田真三郎投手(沖縄県出身、5月21日・22日vs福岡ソフトバンク:那覇)
山川穂高選手(沖縄県出身、5月21日・22日vs福岡ソフトバンク:那覇)
外崎修汰選手(青森県出身、5月29日vs東北楽天:弘前)

 多和田投手は那覇で開催された2017年6月28日の千葉ロッテ戦で先発のマウンドを踏んだが、5.1回を3失点という内容で勝敗はつかず、凱旋勝利を飾ることはできなかった。仮に2年ぶりとなる故郷での登板がかなった暁には、かつて果たせなかった地元での白星に期待したいところだ。

 一方、多和田投手と同じく沖縄出身の山川選手にとっては、今回の沖縄遠征が自身初となる地元での一軍公式戦出場となりそうだ。今や押しも押されもせぬ4番となった山川選手だが、先述した2017年の試合が行われた際には一軍昇格を果たせず。地元で打席に立つことはかなわなかった。2018年のパ・リーグ本塁打王は、来季もその打棒を発揮し続け、今度こそ満を持しての凱旋を果たしてくれるだろうか。

 山川選手同様に、青森県弘前市出身の外崎選手にとっても2019年は自身初の地元凱旋が見込まれるシーズンとなる。外崎選手といえば出身地の弘前市で実家がりんご園を営んでいることでも有名であり、実際にファン感謝デーでは実家で採れたりんごが販売されるほど、選手のみならず実家までもがファンからも人気を集めているという特異な存在だ。

 そんな外崎選手にとって晴れ舞台ともいえる青森での一戦で、俊足強打のユーティリティプレイヤーはどんなプレーを見せてくれるか。

【福岡ソフトバンク】
川島慶三選手(長崎県出身、4月9日vs北海道日本ハム:長崎)
東浜巨投手(沖縄県出身、5月21日・22日vs埼玉西武:那覇)
嘉弥真新也投手(沖縄県出身、5月21日・22日vs埼玉西武:那覇)

 プロ13年目のシーズンを終えたばかりの川島選手は、これまで北海道日本ハム、東京ヤクルト、そして福岡ソフトバンクと3球団を渡り歩いてきた豊富な経験の持ち主だ。しかし、出身地の長崎県で一軍の公式戦を戦った経験は、これまで一度もなかった。

 36歳となる2019年のシーズンについに訪れた絶好の機会で凱旋を果たすため、来季もこれまでと同様にスーパーサブとして確かな存在感を発揮し続けてほしいところだ。

 福岡ソフトバンクは昨季も北海道日本ハムの主催試合という形で那覇での公式戦を戦ったが、東浜投手は故障で戦列を離れており、嘉弥真投手は試合展開の影響で2試合とも登板機会は訪れず。ともに沖縄出身である両選手にとっては残念な形となってしまった。それだけに、それぞれ飛躍を遂げている左右の好投手は、今季こそ故郷のファンに対してそのピッチングを披露したいところだろう。

 以上のように、今季はこれまで地元での試合が開催されていなかった選手や、凱旋となる可能性のあった試合で出場機会を得られなかった選手が、少なからず故郷での試合に参加できそうな日程となっている。プロの舞台で主力として勇躍する郷土のヒーローたちのプレーが見られることを、きっと多くのファンが心待ちにしているはずだ。