台湾最多823勝の名将が語る「王柏融」の凄さと課題とは?

2018-11-16 11:00 「パ・リーグ インサイト」上野友輔

 11月9日から3日間に渡って行われた千葉ロッテとLamigoの交流試合は、2勝1敗で千葉ロッテが勝ち越して幕を閉じた。今回は同時に開催されている日米野球の影にやや隠れる形となったが、Lamigoは日本の球団との交流を深めており、これから移籍報道が本格化するであろう王柏融や、日本にまつわるさまざまなイベント実施などを通じ、「Lamigoモンキーズ」の名前も日本の野球ファンに浸透してきたように思える。

 そのLamigoとの対戦や台湾代表の試合を通じ、同球団の監督を知ったファンも中にはいるだろう。その名は「洪一中」、台湾プロ野球(CPBL)の歴史の中で、チームを最も多く勝利に導いた監督だ。

 現役時代はベストナイン2度、ゴールデングラブには3度輝くなど、球界を代表する捕手として活躍。指導者転向後は、2004年途中からLamigoの前身であるLaNewベアーズの監督を務め、2010年を除いて計14年チームを率い続けている。監督通算823勝(今季終了時点)。最優秀監督にも、台湾プロ野球史上最多の6度輝き、14年の間でチームが優勝したのは、いずれも洪一中監督の時代のみという「優勝請負人」でもある。

 三国志に出てくる知将「諸葛孔明」にちなんで「諸葛紅中」とも呼ばれる台湾屈指の名将の監督としての経験は、アジア野球界において屈指のものであることは間違いないだろう。同じく名将である伊東勤氏(現中日ヘッドコーチ)とも仲がいいという洪監督に、2015年から指導してきた王柏融選手、そして日本球界と台湾球界の未来についてなどを聞いてみた。

投手力向上につながる交流試合

 洪監督はLamigoの監督としても台湾代表の監督としても、日本のチームとの対戦が豊富で、今年も2月に千葉ロッテ、3月には北海道日本ハムとも対戦している。「日本のチームは野球のさまざまな技術面において、台湾に比べて細やか。台湾のチームにとっては試合を通じた交流を続けることで、何かしらの成長につながる」と、洪監督は交流試合に意義を見出している。

 CPBLにおいては投手の育成に課題があるとされており、洪監督もそれを認める。「台湾では高校卒業後に多くの優れた投手が海外へ行ってしまい、その結果CPBLの台湾投手の実力は抜きん出たレベルにまで達しない」(洪監督)ことから、レベルの高い投手たちと対戦できる国際試合は貴重な成長機会になるという。

 ただその一方で、CPBLは打撃力が高い選手が多く、洪監督の下からも数々の優れた選手が育っている。その筆頭が「大王」こと王柏融だ。若きスラッガーを入団以来指導してきた名将は、王柏融を技術面はもちろん「グラウンド内外において礼儀正しく、立ち振る舞いもきちんとしている」と人間性も高く評価し、「グラウンド上においても、グラウンド外でも、めったに『疲れた』と口にしない」と肉体的、精神的のタフさも称賛している。