呉昌征、郭泰源、呂明賜、陽岱鋼… 日本で花開いた台湾人選手の系譜

2018-11-23 11:58 「Full-Count」広尾晃
巨人・陽岱鋼※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

巨人・陽岱鋼※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

北海道日本ハムが王柏融の交渉権獲得、戦前から交流してきた日台野球界

 北海道日本ハムが、CPBL(台湾プロ野球)最高の打者と言われる王柏融との交渉権を獲得した。日本野球にとって、台湾は大きな役割を果たしてきた。これを機に、日本プロ野球における台湾選手が果たした役割について振り返ろう。

 1895年から1945年まで台湾は日本の統治領だったので、日本球界には戦前から多くの人材を輩出している。

 1915年に今の夏の甲子園に当たる「全国中等学校優勝野球大会」がスタート。1921年には、当時日本の植民地だった朝鮮、満州からの代表が出場するようになり、1923年には台湾代表も甲子園に出場するようになった。

 いわゆる「外地」の代表では、台湾が最も強かった。1931年夏の甲子園では、台湾代表の嘉義農林が決勝戦に進んだ。嘉義農林の監督は、愛媛県出身の近藤兵太郎。台湾大会から甲子園の決勝まで1人で投げ抜いたのが呉明捷。この快挙に台湾中が沸き返った。この年の嘉義農林のドラマを描いたのが、2014年に公開された台湾映画「KANO~海の向こうの甲子園~」だ。

 呉明捷はその後、早稲田大学に進み一塁手に転向。東京六大学で通算7本塁打を打つ。これは慶應大の宮武三郎とともに東京六大学記録だったが、1957年に立教大の長嶋茂雄が8本塁打を放ち、これを抜いた。

 嘉義農林はその後も甲子園で活躍。その中から日本プロ野球で活躍した呉昌征、呉新亨などの選手を輩出している。中でも呉昌征は、巨人、阪神で活躍。首位打者2回、盗塁王1回、投手としてもノーヒットノーランを記録し、1995年に野球殿堂入りした。

王貞治氏も台湾の英雄、現在は陽岱鋼が大スターに

 また、日本名で活躍した台湾人選手もいた。南海の岡村俊昭(台湾名、葉天送)は平安中に野球留学し、南海に入団。首位打者を1回獲得した。引退後は、鶴岡一人監督の右腕として打撃コーチなどを歴任。野村克也など多くの選手を指導した。

 台湾出身の日本人選手には、青バットで一世を風靡した大下弘や、西鉄の5番打者・関口清治などがいる。

 戦後、台湾は中華民国となり、日本から独立したが、野球の交流は続いた。

 王貞治は父が中国人、母が日本人。父は中国大陸の浙江省の出身だが、王がプロ入りすると台湾野球界は王を支援し、王夫妻は何度も台湾を訪れている。それが縁となり、1968年には巨人が台湾の台中で春季キャンプを行ったこともある。台湾の少年野球の優勝チームは、東京の王貞治を表敬訪問した。台湾の野球少年にとって、優勝して東京で王貞治に会うことが最高の目標となった。

 そんな中から、郭泰源(元埼玉西武)、郭源治(元中日)、大豊泰明(元中日、阪神)、陳義信(元中日)など、NPBで活躍する選手が出ている。1988年に巨人に入団した呂明賜は、デビュー戦から17試合で10本塁打と大暴れして、日本球界に旋風を巻き起こした。

国際大会でも活躍している王柏融※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

国際大会でも活躍している王柏融※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

日本の中学、高校に留学し、ドラフト指名される選手も増加

 この当時までの台湾選手は、台湾の高校、大学を卒業してNPBに入団する選手が多かった。彼らは外国人選手の扱いだったが、その後、中学、高校から日本に留学して野球をし、日本人選手と同じようにドラフトで指名されて入団する選手が多くなった。

 その代表格が陽岱鋼だ。陽は台湾の中学から福岡第一高校に留学し、卒業時に高校生ドラフト1巡目で北海道日本ハムに入団した。兄の陽耀勲も福岡ソフトバンクに入団したが、こちらは中国文化大学卒業のため、外国人選手という扱いだった。

 台湾人は、1945年以前に中国大陸から渡って来た「本省人」、1945年以降にわたってきた「外省人」、そして台湾に昔からいた「原住民(台湾では差別的な意味はなく公式用語になっている)」に大別される。野球選手には、運動能力が高く、闘争心があり、スポーツに向いている原住民が多いと言われる。陽岱鋼の「陽」姓は台湾では珍しいが、原住民系で代々有名なスポーツ選手を生んできた家系だ。

 陽岱鋼は、北海道日本ハムでスター選手になった。帰国すると台湾のテレビは陽を追いかけ回す。台湾の野球大会に陽岱鋼夫妻が登場すると、試合は一時中断となり、スタジアム中が総立ちで拍手を送る。陽岱鋼は、日本で言えば大谷翔平のような国際的なスターなのだ。陽の活躍を通じて、台湾の野球ファンは日本の野球を詳しく知るようになっている。

 今のNPBには、日本人と同様、ドラフトで入団した選手として、前述の陽岱鋼(巨人)、呉念庭(埼玉西武)、張奕(オリックス)、李杜軒(千葉ロッテ)、廖任磊(巨人を退団)、外国人選手として郭俊麟(埼玉西武)、宋家豪(東北楽天)、チェン・グァンユウ(千葉ロッテ)、呂彦青(阪神)がいる。

 王柏融は、北海道日本ハムに入団すれば外国人選手の扱いになる。破格の大物だが、どんな活躍を見せてくれるだろうか。

(広尾晃 / Koh Hiroo)