誰からも愛された北海道日本ハム新垣 大爆笑を呼んだファンフェス“乱入”の全て

2018-11-25 20:45 「Full-Count」編集部
「ファンフェスティバル2018」に登場した新垣勇人※写真提供:Full-Count(画像:(C)PLM)

「ファンフェスティバル2018」に登場した新垣勇人※写真提供:Full-Count(画像:(C)PLM)

トライアウトを受験も、オファーは「全然来ないです!」

 北海道日本ハムを今オフ戦力外となった新垣勇人投手。陽気なキャラクターとその芸達者ぶりでチームメートからも、ファンからも愛された男が24日、札幌ドームで行われた「ファンフェスティバル2018」に登場し、大爆笑を呼び、その一部始終は「パ・リーグTV」でも公開されている。

 ファンフェスタもフィナーレに差し掛かったところ。様々なアトラクションで競った「GALALYMPIC2018」の表彰式でのことだった。MVPに選ばれた鶴岡慎也捕手への記念品プレゼンターとして新垣は登場した。

 まず、用意されたスペシャルムービーが場内に流れ、この時点で“察した”栗山英樹監督やチームメートたちは大爆笑。自身の登場曲である北島三郎の「まつり」のリズムに乗って姿を表すと、壇上に上がるまでの間にもキレキレのダンスを披露するなど、笑いを誘った。

 鶴岡にMVP記念品を手渡した新垣は「MVPは……僕でぇ~す! 2年ぶりのMVP、たくさんの投票ありがとうございまーす!」と、いきなりエンジン全開。司会者からトライアウト後の経過に問われ「全然来ないです!」と声を張り上げ、また爆笑を呼んだ。

 “新垣劇場”はこれで終わらず、北海道日本ハム時代の思い出を再現したネタを展開。手に持っていた紙袋から般若のお面を取り出し「打たれると、ファーストに般若がいるんです!」と、中田翔内野手のモノマネ。さらに、ひょっとこのお面を取り出し、今季で現役を引退した矢野謙次外野手をネタにやりたい放題で笑いを誘った。

 さらに「続きまして~」と第2幕をスタートさせると、BOOWYを「ブーイ」と読む謎のボケも。大暴れを見せると、最後は上沢直之投手に“強制退場”させられ、“新垣劇場”は幕を下ろしている。北海道日本ハムでも屈指のエンターテイナーとして名を馳せた新垣勇人。彼のもとに朗報が届くことを期待してやまない。