「期待に少しは…」新人王・田中和基選手が語る転機、そして新旧監督への思い

2018-11-28 11:00 「パ・リーグ インサイト」馬塲呉葉

パ新人王・田中和基選手が選ぶ2018年の「ターニングポイント」

 昨季の快進撃から一転、2018年は首位・埼玉西武と29.5ゲーム差の最下位に沈んだ東北楽天。苦しんだチームの中でブレイクを果たし、東北の希望となった若鷲といえば、24歳の田中和基選手だろう。

 立教大学から2016年ドラフト3位で入団した田中選手は、2年目の今季、俊足・長打力・スイッチヒッターという持ち味をすべて生かして、「1番・センター」に定着。そして105試合出場、423打数112安打18本塁打45打点、打率.265という成績で則本昂大投手以来の球団3人目、野手としては初となるパ・リーグ新人王を受賞した。

 立教大学出身の野手が新人王に輝くのは、1958年の長嶋茂雄氏以来、60年ぶりの快挙だ。「2018 日米野球」でも日本代表トップチームに初選出されるなど、飛躍のシーズンを過ごした田中選手に、今季「転機となったプレー」と「自身が選ぶベストプレー5」を聞いた。

東北楽天の野手としては初めて新人王に輝いた田中和基選手

東北楽天の野手としては初めて新人王に輝いた田中和基選手

「ひとつの基準ができた」2018年 転機は駆け引きに勝利した一発

-パ・リーグ最優秀新人賞、受賞おめでとうございます。

(田中選手)正直、自分が獲れるとは思っていなかったので、素直にうれしいです。(同じく東北楽天で新人王に輝いた田中投手と則本投手は)日本を代表する投手なので、その2人に続けるように、僕も日本を代表するような野手になりたいなという気持ちです。

-2年目のシーズンを終えていかがですか。

(田中選手)規定打席に立ったのも、これだけ多くの試合に出られたのも初めてです。だからこそ、今年は良かったとか悪かったというよりも、ひとつの基準ができたと思います。105試合に出てこの成績というのは、できすぎかもしれないですし、本当はもっともっとできたのかもしれない。それは来年やってみないとわからないので、そういう意味でひとつの基準ができたと思います。

-「ひとつの基準ができた」中で見えてきた課題と、今オフ取り組んだことは?

(田中選手)チームの方針は細かい技術よりも、アジリティ(俊敏性)を出すことと打球速度を上げること(を求めています)。僕は打球速度などでは良い数字は残せておらず、ホームランを打てるバッターのスピードではないんです。でも、今年それで18本打てたなら、トレーニングしたらもっと(ホームランを)増やせるんじゃないかと思うので、スイングスピードと打球速度を上げるために、ウエイトトレーニングをしています。

-今季のターニングポイントを教えてください。

(田中選手)「8月5日の千葉ロッテ戦の4打席目」です。

-この日は先発の涌井投手から1回、2回に中安打、4回に空三振、7回の4打席目にホームランを打っています。

(田中選手)1、2打席目はアウトコースをヒットにしましたが、3打席目でインコースのまっすぐに三振してしまいました。外の球をヒットにした後に、インコースで三振。もちろん4打席目は相手捕手もインコースで勝負してきましたが、その中できっちりとホームランを打てたというのが大きかったですね。

2018/08/05(日)vs千葉ロッテ 涌井投手から3安打猛打賞の活躍

2018/08/05(日)vs千葉ロッテ 涌井投手から3安打猛打賞の活躍

「勝手に身体が高まる」球場は? 監督の激励で印象的な2本も

-「自身が選ぶベストプレー5」についてお聞きします。まず第5位は?

(田中選手)第5位は「7月28日の福岡ソフトバンク戦の初球先頭打者ホームラン」です。

-プレイボール直後、外角のストレートを捉えました。

(田中選手)この日の試合前に、平石監督代行(当時)から「最近、1打席目の内容が悪い」と言われていたんです。「空振りでも凡打でもなんでもいいから、初球思い切りいってみろ」と言われて初球の真っすぐをホームランにできたので、僕の中で印象に残っていますね。

2018/07/28(土)vs福岡ソフトバンク 攝津投手の初球を捉えた

2018/07/28(土)vs福岡ソフトバンク 攝津投手の初球を捉えた

-高校時代まで過ごした福岡のヤフオクドームで今季は打率.350、敵地では最多の3本塁打。やはり故郷での試合は特別ですか?

(田中選手)プロ野球を観るときは絶対ヤフオクドームだったので、その場所でプレーできることはひとつのモチベーションになっていますね。今年結果を残せているのは、友達とかも見に来ているので、僕が意識してなくても勝手に高まっているのかもしれないですね。

-ベストプレーの第4位は?

(田中選手)「6月1日の東京ヤクルト戦」です。この日は先発のブキャナン投手から盗塁し、8回に秋吉投手からホームランを打ちました。そして9回の守りで、谷内(亮太)さんの打球を背走しながら捕って、(1塁)ランナーを刺すという併殺プレーを完成させられました。走・攻・守で活躍できたので、印象に残っています。

-第3位は?

(田中選手)「7月21日の埼玉西武戦、メットライフドームでの逆転満塁ホームラン」です。西武の先発は今井投手でしたが、2打席目のチャンス(3回無死2塁)で三振してしまったんです。打てる球を待った結果、甘い球がなかなか来ませんでした。

その後、平石監督代行に呼ばれて、「お前、ヒット打とうとしたやろ。球見過ぎや。別に結果は気にせんでええから、思いっきり行かんか」と言われて。(回ってきた)満塁のチャンスでは結果を気にせず、初球を思いきり振り抜くことができました。

2018/07/21(土)vs埼玉西武 武隈投手からプロ初の逆転満塁ホームラン

2018/07/21(土)vs埼玉西武 武隈投手からプロ初の逆転満塁ホームラン

-平石監督の言葉が多く印象に残っているようですが、今季はシーズン中の監督交代もありました。そのことについてはどう思っていますか?

(田中選手)梨田前監督は、僕のことをまず一番に評価してくださった。入団する前から期待していただいていましたし、春のキャンプでも「田中に注目している」と言っていただきました。規定打席に乗ることができて、梨田さんの期待に少しは応えられたのかなと思います。平石さんは昨年ファームの監督をされていたので、一軍と二軍は選手の感覚とか全然違うとは思いますが、やりやすさはあると思います。


 29日に掲載する後編ではベストプレーの2位と1位を発表。「プロ入りしたときの目標」を達成したプレーや、最下位からの逆襲を目指す2019年への意気込みを語ってもらった。