田中の好捕&大遠投、名手・藤田の美技2連発…2018年好プレー集【東北楽天編】

2018-11-30 07:10 「Full-Count」編集部
東北楽天・藤田一也※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

東北楽天・藤田一也※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

オコエ瑠偉の華麗なスライディングキャッチも登場

 プロ野球はシーズンオフの真っ只中。各球団の秋季キャンプも終わり、現在は契約更改やFA市場などの動向などが目下の話題だ。選手たちの熱きプレーに胸躍ることがなくなり、野球ファンにとっては物足りない季節となっているのではないだろうか。そんな中、パ・リーグTVではパ・リーグ6球団の今季の「好プレー」も特集中。息を飲むようなスーパープレー、ため息が漏れるほどの美技の数々を堪能し、シーズンの興奮を思い出してほしい。

 今回はパ・リーグ最下位に沈んだ東北楽天編だ。

 まず登場するのは、パ・リーグ新人王に輝いた田中和基外野手。交流戦の東京ヤクルト戦で、谷内亮太が放った後方への大飛球に快足を飛ばして後退。背走しながら、ジャンピングキャッチでボールを掴み取る好プレーを披露しただけでなく、フェンスにぶつかった直後に中継の二塁手まで大遠投。飛び出していた走者を刺し、見事に併殺に仕留めた。

 岡島豪郎外野手は、本拠地での千葉ロッテ戦で井上晴哉の大飛球を追いかけると、ホームに背を向けたまま、ポケットキャッチで打球を捕球。オコエ瑠偉外野手はオリックス戦で中島宏之の打球に突っ込み、打球がバウンドする寸前に見事にスライディングキャッチ、ペゲーロも華麗なスライディングキャッチのファインプレーを見せている。

 さらには三好匠内野手のダイビングキャッチ→倒れたままトスや、茂木栄五郎内野手の三遊間からの大遠投なども。最後は名手の藤田一也内野手が見せた美技2連発でで締めくくられている。