千葉ロッテドラ7・松田選手、先輩・藤岡選手に挑戦状「そこは勝負の世界」

2018-12-05 10:30 「パ・リーグインサイト」岩下雄太
「開幕ショート」を掲げた松田選手【撮影:岩下雄太】

「開幕ショート」を掲げた松田選手【撮影:岩下雄太】

「Hondaに拾っていただいたので、チームが勝っていく中で、自分も成績が残せればと思っていました。プロに行きたいという気持ちが強かったと思います」。

 中央大学3年春のリーグ戦で3本のアーチを描きながら、4年時のドラフトで指名漏れを味わい、涙をのんだ松田進選手。社会人で2年プレーし、今年千葉ロッテから7位指名を受けた。

 プロ入りが叶わなかった2年前、松田選手は次のドラフトを見据えてHondaの門を叩いた。プロへ行くために「打撃を磨くことを第一でやってきました」。守備でも、Honda1年目までは遊撃を主戦場にしていたが、2年目は「サードを守らせてもらって結果的にプロへ行けた。幅が広がったかなと思います」と、あくまでも最高峰の舞台だけを見つめてきたことを明かす。

 ただ、プロでは慣れ親しんだ遊撃のポジションで、レギュラー争いに挑戦する考えだ。現在千葉ロッテの遊撃のレギュラーには、藤岡裕大選手がいる。松田選手にとって、藤岡選手は1つ上の先輩で、大学時代には何度も対戦した。「リーグ戦でお会いしていましたし、先輩のつながりでお話をさせてもらったこともあります」とのことだ。

 大学でドラフトにかからず、社会人を経てプロ入りした共通点もある。プロ入りが決まってからも、松田選手から藤岡選手に連絡をしたという。面識のある先輩ではあるが、プロではポジションを争うライバルになる。松田選手も、「そこは勝負の世界。先輩、後輩関係なく、ショートとして出られるように頑張りたいと思います」と意気込んだ。