オリックス自由契約の金子が北海道日本ハムへ、広島に新助っ人…各球団発表、4日の去就は?

2018-12-04 23:11 「Full-Count」編集部
北海道日本ハムとの契約合意が発表された金子千尋※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

北海道日本ハムとの契約合意が発表された金子千尋※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

広島は右腕ローレンスと契約合意

 北海道日本ハムは4日、オリックスを自由契約となっていた金子千尋投手との契約合意を発表した。金子は今季で4年契約が終了。オリックスから推定年俸6億円から野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を超える5億円減の提示を受けて自由契約を選択していた。

 金子はプロ14年で通算120勝を挙げているパ・リーグを代表する右腕。2014年には沢村賞とMVPを獲得している。

 また、広島はケーシー・ローレンス投手と来季の契約合意に達したと発表。ローレンスについては、11月29日(日本時間30日)にマリナーズがNPB移籍を模索するために放出したことを発表していた。

 31歳の右腕は昨季ブルージェイズでメジャーデビューし、シーズン途中にマリナーズへ移籍した。今季は救援として11試合に登板し、1勝0敗、防御率7.33。傘下3Aでは19試合登板(16先発)で、7勝5敗、防御率3.31の成績だった。

■セ・リーグ

【広島】
ケーシー・ローレンス投手 契約合意

■パ・リーグ

【北海道日本ハム】
金子千尋投手 契約合意

(Full-Count編集部)