千葉ロッテドラ4山口、北海道日本ハム吉田にプロでのリベンジ誓う「ホームランを打って…」

2018-12-05 07:30 「Full-Count」細野能功
入団会見に臨んだ千葉ロッテのドラフト4位・山口航輝※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

入団会見に臨んだ千葉ロッテのドラフト4位・山口航輝※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

今夏の秋田大会決勝では3三振、“アジャ”井上に弟子入りを志願

 千葉ロッテのドラフト4位、明桜高の山口航輝外野手(18)が北海道日本ハムにドラフト1位指名されたライバル吉田輝星投手(金足農)にプロでの雪辱を誓った。

 千葉ロッテの新入団発表は4日に東京新宿の千葉ロッテ本社で行われ、今夏の秋田大会決勝で吉田に3三振を喫して敗れた山口は「吉田からホームランを打って、プロで借りを返したい」と宣言。MAX146キロ、昨年夏の秋田大会決勝では吉田に投げ勝ったこともあり、高校通算25本塁打と投打の二刀流だが、2年時に右肩を脱臼した。球団としては、外野手として、ドラフト1位の藤原と競わせたい意向だ。

 本人は「外野手でやって、いずれは投手も」と二刀流に未練も残してしているが「開幕1軍、1年目から30本以上打って、ホームラン王をとりたい」と山口。今季5年目で打率.292、24本塁打、99打点と覚醒した井上晴哉に憧れており、「右方向に強い打球も打てる。井上選手にホームランを打てる秘訣を(聞きたい)」と“アジャ”に弟子入り志願した。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)