「二刀流」の集大成。大谷選手が本拠地最終戦で今季ラスト登板へ

2017-10-03 00:00 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

北海道日本ハムの大谷選手が、本拠地最終戦となる10月4日のオリックス戦で今季最後となる登板を果たす。自身初、そしてパ・リーグ史上初となる「4番・投手」として出場するプランもある模様で、札幌ドームを埋め尽くすファンの前で、シーズンの締めくくりに復活のプレーを披露する。

ルーキーイヤーからその稀有な才能を生かした「二刀流」で注目を集めた大谷選手。当初は調整に苦しんだが、起用法が定まって以降は前人未到の記録を次々に達成していく。2014年に2桁本塁打と2桁勝利を達成するという日本球界史上初の快挙を成し遂げると、2015年には最多勝利・最優秀防御率・最高勝率の投手三冠に輝く。

そして2016年には投手として10勝4敗、防御率1.86、指名打者として22本塁打67打点、打率.322という大活躍でチームのリーグ優勝、日本一に貢献。パ・リーグMVPを受賞するとともに、史上初となる投手と指名打者の2部門でベストナインに選ばれた。

そんな大谷選手が二刀流の真骨頂を見せたのが、いずれも福岡ソフトバンクと激突した昨年の7月3日の試合と「2016 日本通運クライマックスシリーズ・パ」ファイナルステージ第5戦だった。7月3日の試合では、「1番投手・大谷」として出場を果たすと、初回、初球、いきなりの先頭打者弾。投げては自身のバットで生み出した決勝点を守り抜く8回、10奪三振、無失点の快投。投打に渡る大活躍でチームを勝利に導いた。そして、CSでは3番・指名打者として先発出場し、日本シリーズ進出が懸かった最終回にDHを解除してマウンドへ。ここで日本球界最速となる165キロをマークし、福岡ソフトバンク打線の反撃を全く寄せ付けない圧巻の投球を披露した。

歴史的な活躍を見せた2016年が終わり、さらなる進化が期待された2017年の大谷選手。しかし、開幕前から足首に負傷を抱え、4月には左太ももの肉離れを起こすなど相次ぐ故障に悩まされ、投手としては4試合に登板して2勝2敗、防御率4.96と、本来の姿とはほど遠い成績となってしまっている。打者としては64試合に出場して8本塁打31打点、打率.340と、さすがの実力を見せ付けているが、思うようなシーズンを送れていないことは確かであろう。

しかし、ここ2試合の登板では楽天を相手に5回2/3を投げて無失点、福岡ソフトバンクを相手に6回1失点と復調の兆しを見せている。徐々に本来の姿に近付きつつある大谷選手が、数々の金字塔を打ち立ててきた「二刀流」の集大成として、どのような投球を、そしてどのような打撃を見せてくれるのだろうか。今季最後となるその雄姿に、今から期待せずにはいられない。