MVPの埼玉西武山川が3倍増で1億円突破、阪神鳥谷は現状維持…5日の主な契約更改

2018-12-05 22:30 「Full-Count」編集部
契約更改に臨んだ北海道日本ハム・西川遥輝※写真提供:Full-Count(写真:石川加奈子)

契約更改に臨んだ北海道日本ハム・西川遥輝※写真提供:Full-Count(写真:石川加奈子)

新人王の横浜DeNA東は年俸5550万円、阪神は藤川も年俸1.4億円でサイン

 プロ野球では5日、複数球団で契約更改交渉が行われた。埼玉西武は山川穂高内野手が契約更改交渉に臨み、3200万円から7800万円増の年俸1億1000万円でサインした。アップ率は243%だった。今季は開幕から4番を任され、47本塁打で初の本塁打王。リーグ2位の124打点をマークし、MVPに選ばれた。また、出身地の那覇市から市民栄誉賞を授与されることも決まった。

 埼玉西武では熊代聖人外野手が現状維持の年俸1000万円を保留した。増田達至投手が1500万減の年俸1億円、平井克典投手は2000万円増の年俸3500万円で契約を更改。金子侑司外野手が500万円増の年俸5500万円、斉藤彰吾外野手が300万円増の年俸1500万円、岡田雅利捕手が520万円増の年俸2870万円、木村文紀外野手が500万円増の年俸2360万円でそれぞれサインした。

 阪神は鳥谷敬内野手が現状維持の年俸4億円で契約更改。今季はプロ15年目でワーストの打率.232で、歴代2位の連続試合出場が1939で途切れた。来季が5年契約最終年となる。藤川球児投手は1000万円減の年俸1億4000万円でサイン。今季は53試合登板し、防御率2.32だった。来季は守護神奪取を目指す。秋山、原口、中谷も契約を更改した。

 横浜DeNAは東克樹投手が4050万円増の年俸5550万円で契約更改。今季はチーム最多11勝を挙げ、防御率2.45と活躍し、新人王を受賞した。来季は開幕投手を目指す。砂田毅樹投手はチームトップの70試合に登板し、3000万円増の年俸7200万円でサインした。

 北海道日本ハムは西川遥輝外野手が1億6000万円からアップの2年総額4億円プラス出来高で契約更改。今季は打率.278、10本塁打、48打点、44盗塁。2年連続盗塁王に輝き、ゴールデングラブ賞も受賞した。有原航平投手は現状維持の年俸7000万円、加藤貴之投手は300万円増の年俸3500万円、浦野博司投手は1060万円増の年俸3000万円、石川直也投手が1300万円から2100万増の年俸3400万円、高梨裕稔投手は現状維持の年俸3600万円でサインした。

 オリックスはT-岡田外野手が年俸変動制の3年契約2年目を終え、現状維持の年俸1億2000万円でサインした。西野真弘内野手は300万円減の年俸2800万円、東明大貴投手は250万円減の年俸2300万円、大城滉二内野手は1000万円増の年俸3800万円、宮崎祐樹外野手は現状維持の年俸1800万円で契約更改。

 福岡ソフトバンクは1度目の交渉で保留していた上林誠知外野手が500万円上積みされ、4000万円アップの7500万円でサイン。ドラフト2位の高橋礼投手は200万円増の1400万円、松田遼馬投手は100万円減の年俸1400万円、岡本健投手は100万円増の年俸1500万円で契約更改した。

 東京ヤクルトは大下佑馬投手、岩橋慶侍投手、高橋奎二投手、西浦直亨内野手、荒木貴裕内野手が契約更改。東北楽天は西宮悠介投手、山崎剛内野手が契約を更改した。(金額は推定)

(Full-Count編集部)