群抜く巨人の大補強、早くも8選手加入 鷹はまだ補強ゼロ…12球団補強の進捗は

2018-12-10 11:43 「Full-Count」編集部
FAで来季から新天地へ移籍する西、丸、浅村、炭谷(左から)※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

FAで来季から新天地へ移籍する西、丸、浅村、炭谷(左から)※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

FA市場は閉幕、丸と炭谷は巨人、浅村は東北楽天、西は阪神へ

 2018年も残り1か月を切った。平成最後のプロ野球界はパ・リーグ2位から“下克上”で勝ち上がった福岡ソフトバンクが2年連続日本一に輝き、いまではすっかりシーズンオフに。現在は各球団ともに各選手との契約更改、そして来季の編成に勤しんでいる最中である。

 今オフは、5人の選手がフリーエージェント権を行使してFA市場が展開された。埼玉西武の中村剛也内野手は宣言残留となり、炭谷銀仁朗捕手と丸佳浩外野手は巨人、浅村栄斗内野手は東北楽天、西勇輝投手は阪神に、それぞれ移籍先が決定。FA権行使選手の来季の所属先は、これで全てが決まった。

 着々と進む各球団の戦力編成だが、では、現在の12球団の補強の進捗具合はどうなっているだろう。ドラフトを除く補強した選手を見ていってみよう。各球団の獲得が決まった選手は以下の通りだ。

◯セ・リーグ
【広島】
カイル・レグナルト投手(メッツ傘下)
菊池保則投手(東北楽天からトレード)
ケーシー・ローレンス投手(マリナーズ)

【東京ヤクルト】
寺原隼人投手(福岡ソフトバンク戦力外)

【巨人】
丸佳浩外野手(広島からFA)
炭谷銀仁朗捕手(埼玉西武からFA)
中島宏之内野手(オリックス自由契約)
岩隈久志投手(マリナーズ退団)
クリスチャン・ビヤヌエバ投手(パドレス)
イスラエル・モタ外野手(育成、元ナショナルズ傘下)
レイミン・ラモス投手(育成、レイズ傘下)
山下亜文投手(育成、福岡ソフトバンク戦力外)

【横浜DeNA】
中井大介内野手(巨人戦力外)
古村徹投手(BC富山)

【中日】
エンニー・ロメロ(ロイヤルズ)
渡辺勝(育成→支配下)

【阪神】
西勇輝投手(オリックスからFA)
ピアース・ジョンソン投手(ジャイアンツ)

 セ・リーグではやはり巨人の大補強ぶりが際立っている。原辰徳新監督が就任して迎える新たなシーズンに向けて戦力強化に余念がない様子。FA市場では丸と炭谷のW獲りに成功。オリックスを自由契約となった中島、マリナーズを退団した岩隈も獲得し、新助っ人には今季パドレスで20本塁打したビヤヌエバを加えた。

 来季リーグ4連覇を目指す広島もレグナルト、ローレンスと2人の新助っ人を獲得し、抜け目なく補強を施している。阪神はFAで西勇輝、そしてジャイアンツからジョンソンの獲得に成功。中日は退団となったガルシアの穴を埋める存在として、ロイヤルズから最速164キロ左腕のロメロが加入する。東京ヤクルトはここまで福岡ソフトバンクを戦力外となった寺原の獲得のみとなっている。

パ・リーグで目立つ東北楽天と北海道日本ハムの積極補強

【福岡ソフトバンク】
なし

【埼玉西武】
ザック・ニール投手(ドジャース)
廖任磊投手(巨人戦力外)

【北海道日本ハム】
金子千尋投手(オリックス自由契約)
ジャスティン・ハンコック投手(カブス)
王柏融外野手(台湾ラミゴ)

【オリックス】
ジョーイ・メネセス内野手(フィリーズ傘下)

【千葉ロッテ】
ケニス・バルガス内野手(ツインズ傘下)
細川亨捕手(東北楽天戦力外)

【東北楽天】
橋本到外野手(巨人からトレード)
浅村栄斗内野手(埼玉西武からFA)
福井優也投手(広島からトレード)
アラン・ブセニッツ投手(ツインズ)
ジャバリ・ブラッシュ外野手(エンゼルス)
由規投手(育成、東京ヤクルト戦力外)

 パ・リーグでは東北楽天と北海道日本ハムの積極性が目立つ。東北楽天はFAで“恋人”浅村の獲得に成功。さらにブセニッツと大砲ブラッシュの加入が決まり、トレードで先発右腕の福井と橋本を獲得。東京ヤクルトを戦力外となった由規とも育成契約を結び、ここまで6人を補強した。北海道日本ハムはオリックスからの自由契約を決断した金子に即アタックをかけて合意。台湾の3冠王・王柏融、カブスのハンコックの入団が決まっている。

 2年連続のリーグ制覇を目指す埼玉西武は弱点である投手陣の補強を行っている。ドジャースからニールを獲得し、巨人から戦力外となった廖任磊もトライアウトを経て入団が決まった。廖はトライアウトでも150キロを超える剛球を披露しており“大化け”に期待だ。

 ここまで、12球団で唯一、補強が発表されていないのは、2年連続日本一に輝いた福岡ソフトバンク。FA市場では浅村、西の獲得レースで相次いで“連敗”した。12球団屈指の資金力を誇る常勝軍団が、今後、どういう動きを見せるかも注目だ。

(Full-Count編集部)