巨人丸が誕生、ハムと東京ヤクルトは2対2で…各球団発表、11日のFA、トレードは?

2018-12-11 23:05 「Full-Count」編集部
東京ヤクルト・秋吉亮(左)と北海道日本ハム・高梨裕稔らの2対2のトレードが発表された※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史、石川加奈子)

東京ヤクルト・秋吉亮(左)と北海道日本ハム・高梨裕稔らの2対2のトレードが発表された※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史、石川加奈子)

高梨&太田と秋吉&谷内が交換トレード

 北海道日本ハムと東京ヤクルトは11日、高梨裕稔投手、太田賢吾内野手と秋吉亮投手、谷内亮太内野手の2対2の交換トレードが成立したことを発表した。

 高梨は2016年に10勝を挙げて新人王を獲得した右腕で、太田は今季54試合に出場したプロ4年目の内野手。一方、秋吉は2015、16年と2年連続でリーグ最多登板(74試合、70試合)を記録した右腕で、通算19勝17敗34セーブ67ホールド、防御率2.68の実績を誇る。谷内は今年がプロ6年目で今季は36試合に出場した。

 また、巨人は広島からFA宣言した丸佳浩外野手と契約。記者会見を行い、日本野球機構(NPB)からもフリーエージェント(FA)宣言選手契約締結合意選手として公示された。

■セ・リーグ

【東京ヤクルト】
高梨裕稔投手 北海道日本ハムからトレード
太田賢吾内野手 北海道日本ハムからトレード

【巨人】
丸佳浩外野手 契約

■パ・リーグ
【北海道日本ハム】
秋吉亮投手 東京ヤクルトからトレード
谷内亮太内野手 東京ヤクルトからトレード

(Full-Count編集部)