NPBが来季のオープン戦日程を発表 開幕は2月23日、沖縄で3試合開催

2018-12-12 13:17 「Full-Count」編集部
広島・緒方孝市監督(左)と埼玉西武・辻発彦監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

広島・緒方孝市監督(左)と埼玉西武・辻発彦監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

鎌スタやナゴヤ球場、タマスタ筑後などファーム本拠地でも開催

 日本野球機構(NPB)は12日、来季のオープン戦日程を発表した。2019年度のオープン戦開幕は2月23日で、中日対横浜DeNA(北谷)、東京ヤクルト対阪神(浦添)、巨人対東北楽天(那覇)と沖縄で3試合が行われる。宮崎でのオープン戦は2月24日の福岡ソフトバンク対オリックス(アイビー)が初戦となる。

 埼玉西武は3月2日に佐賀で、同3日には長崎で広島戦を開催。3月6日の北海道日本ハム対千葉ロッテが鎌ヶ谷スタジアム、同7日の中日対横浜DeNAがナゴヤ球場、同9日、10日の福岡ソフトバンク対東京ヤクルトがタマスタ筑後、同13日のオリックス対阪神と同14日のオリックス対広島がシティ信金スタジアムと、各球団のファーム本拠地でもオープン戦が開催される。