獅子のルーキーが痛感した課題 そして1年目で決断した大きな変化とは

2018-12-15 11:00 「パ・リーグ インサイト」武山智史
埼玉西武・綱島龍生選手【撮影:武山智史】

埼玉西武・綱島龍生選手【撮影:武山智史】

 昨年11月、「ドラフト指名直後の高校生は何を思う」という記事で埼玉西武に6位指名された新潟県・糸魚川白嶺高校の綱島龍生選手を取材した。あれからちょうど1年、背番号「63」のユニホームを身にまとい、プロ1年目のシーズンを終えた綱島選手に今の心境を聞いた。

松井二軍監督の指導の下、着実にステップを踏む毎日

 11月中旬、西武第二球場での所沢秋季キャンプ。綱島選手は高木浩之二軍野手総合コーチ兼打撃コーチが手で転がすゴロを繰り返し捕球し続けていた。

 高木コーチの横では今シーズン限りで現役引退し、指導者に転じた松井稼頭央二軍監督が綱島選手のプレーをじっと見つめる。しばらくすると松井二軍監督は助言を送り、自らグラブをはめて手本を見せるなど、熱のこもった指導が続く。綱島選手もその捕球動作を、逃さぬようにじっと見ていた。

 ゴロ捕球を何度も繰り返していくうちに、綱島選手の動きは次第に柔らかく、滑らかなものへと変わっていく。その姿に松井二軍監督は「良いよ、良いよ」「その感覚、無かっただろ?」と声を掛けていた。練習後、綱島選手は取り組みの意図をこう説明する。

「ゴロを捕る姿勢や腕の使い方を教わっていました。肘を柔らかくして『捕まえたよ』と自分で意識して、入っていく感じですね。ちゃんとショートバウンドをしっかり捕球できるように練習しているので、その感覚を身に付けているところです。ずっとこの秋のキャンプでテーマにしていて、少しずつ手応えを感じています」

 2000年1月生まれの綱島選手にとって、1975年生まれの松井二軍監督は両親と同世代。今シーズンはほとんど接点が無かったが、この秋から指導者と選手の関係になり接する機会が多くなった。

「僕の中では東北楽天でプレーしていたときのイメージが強いです。でもメジャーに行く前、西武時代のプレー動画を見ていました。その人から今、教えてもらっている。とても勉強になります」とゴールデングラブ賞を4度受賞した名選手の技術を、必死に学ぼうとしている。

綱島選手と松井稼頭央二軍監督【撮影:武山智史】

綱島選手と松井稼頭央二軍監督【撮影:武山智史】

 高校を卒業し、野球が仕事となった。結果が求められる世界ではあるが、今まで経験してこなかった新しい技術や感覚の発見は「うまくなりたい」という気持ちをさらにかき立てる。

「どんどん自分がうまくなるための練習をしているので楽しいですね。いつか自分の感覚として身に付いてくれば、楽しみだなと感じています」