何の意味もないドラフト!? 楽天イーグルスが「プロ野球大好き芸人 勝手にプロ野球ドラフト会議2017」を開催

2017-10-07 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

「自分も参加してみたい」。そう思うファンの方はたくさんいるに違いない。

昨年も実際のドラフト前に開催し、大盛況だった「プロ野球大好き芸人 勝手にプロ野球ドラフト会議」を今年も実施。各球団が大好きで、大好きでたまらない芸人たちがKoboパーク宮城のイーグルスドーム内に集結し、それぞれが思い思いの選手を指名。競合した際には抽選で交渉権獲得球団を決めるなど、当イベントは実際のドラフト会議と同じシステムで行われる。

今年のゲスト(敬称略)は以下の通り。
・ブルーリバー川原(福岡ソフトバンク)
・キューティー上木(埼玉西武)
・かみじょうたけし(楽天)
・ヤマグチクエスト(オリックス)
・とにかく明るい安村(北海道日本ハム)
・パップコーン須田(千葉ロッテ)


当日は、毎年のドラフト中継で解説を担当しているスポーツライターの小関順二氏を解説者に迎え、イベントを進行。本物のドラフト会議さながらの力の入れようである。

昨年の「プロ野球大好き芸人 勝手にプロ野球ドラフト会議2016」と、本物の「プロ野球ドラフト会議」でのドラフト1位指名選手を見比べてみると、北海道日本ハムの堀瑞輝投手が一致しただけで、残りの球団の指名選手は全て異なっていた。それだけ、このドラフト会議が全く意味のないものであることが分かるが、これはこれでいいのである。何せ、これは“勝手にプロ野球ドラフト会議”なのだから。

この時期はポストシーズンの行方ももちろん気になるが、全球団のファンが心を弾ませるのがドラフト会議だろう。「今年のドラフトはどうなるんだろう…」、「●●はどこに指名されるのか」、「何球団の競合になるんだ!?」といった会話は10月の風物詩とも言えるが、当イベントでは、そんなファンの心をくすぐること間違いなし。是非とも、現場で本物さながらの雰囲気を味わうか、各ネット配信によるライブ中継に注目してみてほしい。


【イベント開催概要】
イベント名:プロ野球大好き芸人 勝手にプロ野球ドラフト会議2017
日時:10月21日(土)開場18:30 開演19:00 終演予定21:00
開場:イーグルスドーム Supported by 西洋フード・コンパスグループ(Koboパーク宮城 隣接)
主催:Rakuten.FM TOHOKU
出演:MC→いけだてつや 解説→小関順二
放送:パ・リーグTV、Rakuten.FM TOHOKU、At Eagles

※観覧希望者は楽天イーグルス公式サイト内、申込フォームから応募が可能。(10月15日まで)
※応募多数の場合は抽選。