6年前の2012年ドラフト、パ各球団の成果は? 大谷翔平や則本昂大がプロ入り

2018-12-16 10:40 「Full-Count」編集部
エンゼルス・大谷翔平と東北楽天・則本昂大※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images、荒川祐史)

エンゼルス・大谷翔平と東北楽天・則本昂大※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images、荒川祐史)

大谷を指名した北海道日本ハム、チームに残る支配下は鍵谷ただ1人

 12月半ばに差し掛かり、2018年もあとわずかとなった。福岡ソフトバンクが2年連続で日本一に輝いたプロ野球界もすっかりシーズンオフとなり、話題はストーブリーグが中心に。各球団の契約更改も進み、FA権を行使した選手たちの去就も全て決定。新助っ人の補強も、続々と発表されてきている。

 そして、今秋のドラフト会議で指名された各球団期待のルーキーたちも正式に契約を締結。各球団で新入団選手発表会も行われており、お披露目されている。中日に入団した根尾昂内野手や千葉ロッテの藤原恭大外野手、広島の小園海斗内野手、北海道日本ハムの吉田輝星投手、埼玉西武の松本航投手、福岡ソフトバンクの甲斐野央投手らが注目を集める中で、来季、一体どの選手が輝きを放つのか、楽しみだ。

 ただ、ルーキーたちがいきなり1年目から活躍するのは、なかなか至難の技。昨年のドラフトで指名された今季のルーキーたちも然り。清宮幸太郎内野手が大きな注目を集めた中で、大きく活躍したのは横浜DeNAの東克樹投手ら、一握りの選手だけだった。

 ドラフトの成果は5年、10年経ってみないと分からないと言われるもの。では、5年前から10年前の各球団のドラフトが、今季どのように成果として発揮されたか、1年ずつ検証していってみよう。今回は6年前、2012年のドラフト【パ・リーグ編】だ。

【北海道日本ハム】
1大谷翔平投手(→エンゼルス)
2森本龍弥内野手(2018年戦力外→育成)1軍出場なし
3鍵谷陽平投手 28試合0勝0敗0S2H 4.28
4宇佐美塁大内野手(2017戦力外)
5新垣勇人投手(2018戦力外)1試合0勝0敗0S0H 9.00
6屋宜照悟投手(→東京ヤクルト)1軍出場なし
7河野秀数投手(2015戦力外)

【埼玉西武】
×東浜巨投手
1増田達至投手 41試合2勝4敗14S2H 5.17
2相内誠投手 10試合0勝1敗0S0H 3.45
3金子侑司内野手 111試合310打数69安1本34点 .223
4高橋朋己投手(2018戦力外→育成)1試合0勝0敗0S0H -
5佐藤勇投手(2017戦力外)
育1水口大地内野手 10試3打数0安0本0点 .000

【福岡ソフトバンク】
1東浜巨投手 17試合7勝5敗0S0H 3.32
2伊藤祐介投手(2018戦力外)1軍出場なし
3高田知季内野手 74試133打数25安2本15点 .188
4真砂勇介外野手 1試0打数0安0本0点 -
5笠原大芽投手  1試合0勝0敗0S0H 9.00(2018戦力外→育成)
6山中浩史投手(→東京ヤクルト)11試合2勝0敗0S1H 3.62
育1八木健史捕手(2014戦力外)
育2大滝勇佑内野手(2015戦力外)
育3飯田優也投手(→阪神)1試合0勝0敗0H0S 12.00
育4宮崎駿内野手(2015戦力外)

千葉ロッテは松永、田村、加藤、指名4選手中3選手が1軍で戦力に

【東北楽天】
1森雄大投手 9試合0勝0敗0S0H 2.37
2則本昂大投手 27試合10勝11敗0S0H 3.69
3大塚尚仁投手(2017戦力外)
4下妻貴寛捕手(2018戦力外→育成)1軍出場なし
5島井寛仁外野手 49試合9打数0安打0本0点 .000 
6柿澤貴裕外野手(→巨人、2018自由契約)1軍出場なし
育1宮川将投手(2018戦力外)1軍出場なし

【千葉ロッテ】
×藤浪晋太郎投手
1松永昂大投手 60試合2勝5敗0S26H 3.15
2川満寛弥投手(2016戦力外)
3田村龍弘捕手 143試合415打数99安打3本35点 .239
4加藤翔平外野手 69試合121打数28安打0本9点 .231

【オリックス】
×藤浪晋太郎投手
×松永昂大投手
1松葉貴大投手 8試合2勝1敗0H0S 5.20
2佐藤峻一投手(2016戦力外)
3伏見寅威捕手 76試合186打数51安打1本17点 .274
4武田健吾外野手 69試合95打数21安打1本12点 .221
5森本将太投手 (2016戦力外)
6戸田亮投手(2018戦力外)1軍出場なし
育1原大輝捕手(2015戦力外)
育2西川拓喜外野手(2014戦力外)

 北海道日本ハムが大谷翔平投手を強行指名し、入団へ口説き落としたのが、この2012年のドラフトだった。その北海道日本ハムは7選手を指名したが、支配下に留まっているのは、3位の鍵谷のみ。宇佐美、河野は昨季までに戦力外となり、森本と新垣も今オフに戦力外に(森本は育成再契約)。屋宜は東京ヤクルトへ移籍したが、移籍後も目立った活躍は見せられていない。

 この年は千葉ロッテが上々の成果を上げている。1位の松永はセットアッパーとして活躍し、田村は正捕手へと成長。加藤も1軍の戦力となり、4選手中3選手が台頭しているという、なかなかの“当たり年”となっている。

 埼玉西武も成果が出ている。今季は不振だったものの、1位の増田は救援陣の一角として1年目から活躍し。3位の金子侑も主力に成長した。4位の高橋も近年は故障に苦しみ、今オフに育成契約となったものの、2年目と3年目には主に守護神として結果を残した。相内と育成の水口も徐々に1軍での出場を増やしている。

 東北楽天はこの年エースの則本が2位で入団。1位の森や5位の島井も1軍で出場しているが、活躍としてはやや物足りないか。福岡ソフトバンクは東浜がローテの一角を担い、高田もレギュラーにはなれていないものの、貴重な内野のバックアッパーとなっている。

 オリックスは3位の伏見が頭角を現し、武田も今季69試合に出場。松葉も1軍のマウンドに上がっているものの、主戦投手やレギュラー野手が1人も出ておらず、成果としてはやや物足りないか。

(Full-Count編集部)